野球と俳句と着物と旅と仕事と猫と酒

プロ野球2017 キモノの国のエクソダス

この漫画を読め!

初時雨うたえよ風と木の詩を/e-books太っ腹企画 竹宮恵子「風と木の詩」全巻無料立ち読みキャンペーン

投稿日:2017年12月3日 更新日:

風と木の詩 (1)

あらすじはWikipedia から。
19世紀末のフランス、アルルのラコンブラード学院の寄宿舎で繰り広げられる、思春期の多感な少年達を中心とする物語。愛欲、嫉妬、友情など、さまざまな人々の想いが交錯するなか、運命に翻弄される2人の主人公、華麗なジルベールと誠実なセルジュの切ない愛が描かれる。

でですね、わたくし、この作品を今まで一度も読んだことがなかったのです。1976年(昭和51年)から1984年(昭和59年)まで、週刊少女コミックとプチフラワーにまたがって連載されたこの作品を読んだことがなかったのです。1976年って、ピンクレディーデビューとかApple創業とか武者小路実篤死去とか王貞治がベーブ・ルースを抜いたとかそういう時代なんですが(というか、ピンクレディーと武者小路実篤が同じ時代の空気吸っていたことに驚きなんですが)、全然読むことがなくここまできちゃったのです。

今年になって竹宮恵子さんが自伝「少年の名はジルベール」が出版され、それで初めて作品概要を知りましたが、ほほぅと思い、これは読まねば読まねばと思っていたところです。

もっというとジルベールという名前を知ったのは、よしながふみさんの「きのう何食べた?」で小日向さんが恋人の井上航くんを「ジルベール」と称している場面で、ジルベールってなに????と思ったくらい。

e-books のキャンペーンでこの度読了することができ、大変に満足いたしました。ありがとうございます。ありがとうございます。12月8日までです、未読の方は是非! 

e-books 【無料読み放題】竹宮惠子『風と木の詩』全16巻が無料で読める!

 

この物語を、竹宮恵子さんは26歳の若さで描かれたのですか? 26歳の若さで、「娼婦たちのが生活のかかっているぶん 自分をみがいているのを知らないな」「ステッキ・・・帽子 羽根扇・・・ はでなショール 片方だけの手袋 娼婦の持ち物はどれも なんだかたよりない 日びの不安と 破れかぶれの明るさと」「欲しいものを 買わないなら 金なんて クソ食らえさ!」「女なんてみんな・・・・・・・・・ 自分のからっぽな部分を埋めてくれるものなら 何だっていいんだから」「女たちはきっと自由になっていくわ きゅうくつな服からも きゅうくつな家からも 開放されていくのよ」なんていうセリフを生み出すことができたのですか。凄まじい! 

この作品を多感な時期に読んだほうがよかったのか、いろいろな他人の事情を思いやり持って見られるこの年代になって読んだのがよかったのか、さぁわかりませんが、ジルベールがかわいそうすぎる。西原理恵子さんのいう「田舎で美人に生まれると不幸になる」みたいな話の典型で、ほんとうにかわいそうすぎる。最終回のとき、2ちゃんねるやツイッターがあったら大変なことになったんでしょうけれども、当時は当時なりに当時のコミュニケーション手段で大変なことになったんでしょうね。

これからは井上航くんのことを、この人はジルベールだったんだ、うむと思って見つめることといたします。

きのう何食べた?(13) (モーニング KC)

-この漫画を読め!

Copyright© プロ野球2017 キモノの国のエクソダス , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.