先生の鞄を提げて真鶴へ/川上弘美「真鶴」

真鶴 (文春文庫)

東海道線で真鶴駅を通過したら、川上弘美の真鶴ってどんな小説だったけなっと気になり、今日書店まで買い求めに行った。昔読んだことを記憶してはいたけれど、なんだかぼんやりとした話だったよなという記憶はあったけど、書棚にその本がなかったので、本屋に行ってきた。やはり茫々としたお話でした。

--
その他、パソコン戻ってきました。よかったよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください