野球と俳句と着物と旅と仕事と猫と酒

プロ野球2018 キモノの国のエクソダス

旅ゆけば

正倉院神護寺清滝アヒルちゃん/一泊二日奈良京都大阪の旅

投稿日:

平成最後の正倉院展に行ってきた。行く前日までは、「土曜の夕方、人気のなさそうな時間帯を狙って正倉院展に行って、夜は京都に泊まって、朝早く高雄まで行って清滝まで渓谷を歩いて、清滝バス停から嵐山界隈に戻って残りはまだ行ったことないお寺をニ~三回って、京都で買い物して夕方のバスで伊丹に戻ろう。完の璧!」などと思っていたのに、当日朝の出発前に「明日、アヒルちゃんが大阪にやってくるよ」というツイッター告知を目にしてしまう。アヒルちゃん! ラバーダックちゃん! オランダの愉快な現代美術作家のフロレンティン・ホフマンがやってるパブリックアート! 一回見てみたかったのよねぇ、あれ、しかし、しかしこの充実の奈良京都旅の日程に組み込むことはできるのか!? どうなるウカやん! そして飛行機は飛び立った!!!!

で、結局行った。

【正倉院展編】
土曜午後羽田発 → 伊丹着 → リニューアルした伊丹空港がすてき → 到着者も使えるカードラウンジで休憩 → リムジンバスで奈良へ → 近鉄奈良で下車 → カフェでお茶 → 正倉院展へ → 入場者の行列ができていたのでぶつぞう館へ → 素晴らしい展示、金でできた小さな釈迦誕生立像が欲しくなりました → 再び正倉院展会場へ → 行列消滅、中は大混雑 → 今年はとてもゴージャス、玳瑁螺鈿八角箱と三合鞘御刀子と巻きスカートです! → 見終わったら午後6時、外は行列激増。おそらくですが、人は1時3時6時などキレのいい時間帯に待ち合わせすると思いますので、その合間に行くとよいですね → 近鉄で京都へ、地下鉄で宿へ

【栂尾三山編】
翌朝8時半にMKタクシーさん呼んでもらって高雄の高山寺へ → 夏にきて気に入ったので再訪、なんというのでしょう、あれは京都の高尾山なのではないかと思います → 高山寺は台風21号の倒木被害がひどく秋の拝観料も取られない状態、早く復帰しますよう。高山寺は鳥獣戯画とお茶発祥のお寺、別料金の石水院を拝観、ここはおおらかで素朴で大雑把でとてもよいお寺、あれすんなこれすんなっていちいち書いてないの。しかも鳥獣戯画をあしらったラブリーなお土産物が充実していて、お値ごろでかわいい、気に入った。 → 西明寺へ、夏は拝観料を取らなかった西明寺も秋には500円の通り抜け賃を徴収してます → 続く神護寺はスルーして、清滝川沿いを歩いて清滝バス停まで。あのへんは錦雲峡というのですねぇ、紅葉と北山杉の美しい散歩道でした。

【大覚寺編】
清滝バス停着、一時間に一本のバスを待っていたら、客を乗せたタクシーが丁度やってきたので捕まえる、本当に捕まえる、タクシーに乗ったら運転手さんが「嵐山でちょっとした事故があって大混雑ですわー、あ、いまこっちに向かってるあのバス、一時間遅れで到着してるバスですからね」、わーお → お庭が美しいという大覚寺へ、清滝バス停からタクシーで1000円 → 大覚寺は真言宗総本山で信者さんもバスで乗り付けていて賑やか。あわせて戊戌開封法会という大変めずらしい嵯峨天皇が書かれた写経の現物が見られました。六十年に一度見ることができるもので、疫病が収まることを祈って嵯峨天皇が写経されたものです。たまたま! なんだか! すんごい書を見ました! しかし紅葉は終わってました、残の念! そのかわり逆菊が盛りでした。ここもサービス精神旺盛なあれすんなこれすんなってことが少ない、狩野派満喫できる素晴らしいお寺でした。算数はちょっと得意なようです。

【ラバーダック編】
大覚寺から嵐山の手前までタクシーで移動 → 阪急嵐山駅へ、梅田で乗り換え途中でちょっと泡っとしたものを飲んで休憩して住之江のラバーダック展示場まで移動 → あひるちゃんいた! 思っていたより小さい? いややっぱり大きい? もっと大きいように写真では見えたんだけど、あれ、やっぱり大きいのかな? 地元のアート祭りの一環のようでした。やっと会えたわね、アヒルちゃん。各種ウェブサイトをいろいろ調べましたがこのアートプロジェクトの全容がわからず、もしかしたら近いうちに東京に来るのかもしれないけど、見られるうちに見に行こうと思って見てよかった。 → 地下鉄でなんばへ → 地上へ出たら空港行きのバスがちょうど停留所に停まっていたので列に並ぶ

【空港臨時ラウンジ編】
空港へ → JALの低級会員向けラウンジが閉鎖されておりパーティションで区切られた臨時ラウンジへ(低級会員とは私みたいななんちゃって上級会員のことで、真の上級会員の皆様に向けては、旧サクララウンジがダイヤモンドラウンジとして使用されておりました)。缶ビール飲んだら撃沈、飛行機は遅延(帰ってニュースを見たらJAL機が羽田の滑走路に落とし物したらしく探してて遅れたらしいわねぇー大変ねぇー)して30分の遅れで羽田へ。往復とも快適な空の旅でした。

 

滞在時間短く内容ぎっちり、荷物は着替えの下着セットとポーチ2個とiPadProだけという軽量旅行でした。楽しかった。

 

-旅ゆけば

Copyright© プロ野球2018 キモノの国のエクソダス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.