ユタ州で死んだはずだよお富さん/映画「へレディタリー/継承(原題 Hereditary)」

Hereditary - Das Vermächtnis

あらすじはeiga.comから。
家長である祖母の死をきっかけに、さまざまな恐怖に見舞われる一家を描いたホラー。祖母エレンが亡くなったグラハム家。過去のある出来事により、母に対して愛憎交じりの感情を持ってた娘のアニーも、夫、2人の子どもたちとともに淡々と葬儀を執り行った。祖母が亡くなった喪失感を乗り越えようとするグラハム家に奇妙な出来事が頻発。最悪な事態に陥った一家は・・・

アレックス・ウルフって、ジュマンジでオタクの高校生役やってた子だね。演技派!
娘役のミリー・シャピロ、凄まじい。ハリウッド子役界の裾野の広さをまた思い知らされるっ!
お母さんのトニ・コレット、怖いよ!!!とても怖いよ!!!
お父さん役の人、「ユージュアル・サスペクツでもひどい目にあってたよ」のガブリエル・バーン!

 

こういうホラー映画って、オチがぼんやりしていたり、まだ怖いものが退治されていなかったことを暗示したり、第二部があるのかしらって感じで終わることが多いですが、これは物語のオチがついててよかった。物語のオチがついてよかったけど、でも見たかったのはこういうオチじゃなくて、もっとこう、ほれ、妹が・・・とか、お兄ちゃんが・・とか、そういう感じのものだったんだけど。だいたいお兄ちゃんもたいがいやで? おにいちゃん?! ジュマンジでムキムキマッチョになってぽわわーんとしていたお兄ちゃん?!

恐怖感をあおる緊張感に満ちた音楽が素晴らしかった。音楽が怖い。主人公たちのおうちが立派で羨ましい、インテリアも素敵、周囲の風景も素敵、まぁとはいっても惨劇の舞台になるんですけど。映画「ミスト」のスーパーのババアみたいなのもでてきますし。こういう映画は自宅でダラダラと好きなもの食べたり飲んだりしながら見ちゃだめだと思う。暗い劇場でしっかり没入するのがいいですね。東宝シネマで。

 

以下、本日の関連作品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください