百日紅スマホの機種を変えました/docomoは楽天みたいになっていくんかな

 

親との通話やお客さんとのホットライン的に使っていたソフトバンクのガラケー+データ通信専用のdocomoのSIMカードという二本立ての契約で長らくやってきましたが、先日、高1の甥っ子に「そのスマホでもいいけどさ、そろそろマジで画質きつくない?」と指摘され、買い換えることに。今月の上旬に、データ通信専用のdocomoをギガホに変えたばかりですが、なんと2回線とも今月が解約手数料無料月ということがわかり以下のステップで変更することに。

1.ソフトバンクをdocomoにMNPで乗り換え
2.docomoは新規契約で、携帯お返しプランを使って分割購入することに
3.データ通信SIMカードは月末に解約
4.これで晴れて一本化!! さよならソフトバンク!

長いつきあいだったぜ、ソフトバンク! シャープのちっこいガラケーが世の中から消えた時点でガラケーに興味を失っていたんだよな。あのとき二本持ちを解約して一本化するべきだったんだよなぁ。その小さいガラケーだって10年使ったんだから、ええそのあのゴニョゴニョ・・・。あのシャープの端末は小さくてとてもよい端末でした。いまごろは、来年の東京五輪のメダルになるよう既に溶解されてしまっているころでしょう。

iPhone はxr と xs のどちらにしようかと悩んだけど、持った感じの軽さでxsにした。既存のSE はSIMフリー端末なので海外で大活躍することでしょう。それにしてもiPhoneXS、金額的には「パソコン買い替え一年待つか」という破壊力。スマートフォンとか言ってるけど、既に電話機でもないものね、だいたい通話することがものすごく減ってきてるし。

分割購入した場合の月額料金は、現行の2回線使用月額料金とほぼ同じ金額になり、まぁ折り合いのつく範囲。5年前は一ヶ月7GB使いきることもできなかったのに、最近はギガホ30GBでちょうどよいような気がします。実際は17~20GBの使用量ですが、余裕があると安心ですわね。

使いはじめて2日ほどで大きな画面に目が慣れてしまって、あぁあんなに愛着を持って使っていたSEよ、お疲れさまでした。このSEには入院中のお父さんの写真も入ってるので大事にバックアップを取っていきます。

LINEは、会話のバックアップデータをちゃんととってないなーと思いながら恐る恐る始動させてみたけど、こちらは数回タップするだけで、アドレス帳も会話も全部新端末に引き継がれた。ふえええ。iPhoneで使っていた辞書データも全部引き継がれていたし、ヘルスケアのデータも。ふえええ。楽ちんすぎて怖いな。

 

契約の手続きで二度ほどdocomoのカウンターを訪れ、docomo の d-point が生活のあれこれを楽天並に囲い込んでいることにも驚いた。また年会費12,000円のdocomoのクレジットカードのゴールドを持つと毎月の携帯電話料金が1000円引きになりますと行く先々で強く進めてくれたんだけど、あのそのなんというかつまり「行って来い」ですよね? docomoでマイルが溜まって一本化できるなら考えてやらんこともないですが、どうなんでしょう?

しかしこれでわたくしは、向こう少なくとも2年間docomoに毎月一万円払うことが確定しました。2年で24万円ですわ。3年で36万円。日本中にこういう立場の何百万人か一千万人(数千万人?)ほどいることを考えると、えぇなんというか、すごい商売だなって思いますわ。下の本、2006年に書かれたものですが、結構内容あたっているかもしれませんね。

ドコモが銀行を追い抜く日 (PHP Paperbacks)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください