松本市民全員、第三巻第一話を読めばいいのに!/「前略 雲の上より」竹本真 猪乙くろ

前略 雲の上より(1) (イブニングコミックス)

スーツケースごろごろ引きずって空港に行きたい・・・総武中央緩行線以外のJR東日本旅客鉄道株式会社の電車に乗りたい・・・もっというと秋葉原駅より東へ、新宿駅より西へ、品川駅より南へ、上野駅より北へ、移動したい。

それも叶わぬ日々ですが、一巻・二巻無料にひかれうっかり読んだら面白かった、「前略 雲の上より」。こんな漫画があることを知らなかった。紹介文はAmazonから。

意識高い系の今どきの若手社員・桐谷は強面課長の竹内と北海道出張に赴くことに。 初出張の桐谷は羽田空港で課長から様々なダメ出しを受ける。それは仕事上のことではなく、空港・飛行機に関する無知さに対して。そう、課長は飛行機と空港を愛するいわゆるオタクだった。 課長から飛行機・空港の魅力について徹底的に叩き込まれる桐谷。はたしてどんな成長を遂げるのか。

1巻の登場空港が、羽田空港、関西国際空港、庄内空港、山口宇部空港、宮古島空港、仙台空港。
第二巻は女満別空港(私もとても好きな空港、上空から見下ろす独特な青緑色の葱畑の美しさよ!)、大阪国際空港、羽田空港、鹿児島空港、那覇空港、松山空港、新千歳空港、羽田空港。
無料開放の二巻まで読んで「はーおなかいっぱい!」と思いつつ三巻のサンプルをちらりと読んだら第一話が松本空港でうぉっとハートを鷲つかまれ、流れるように購入。第三巻は、松本空港、秋田空港、関西国際空港、宮崎ブーゲンビリア空港、富山きときと空港、たんちょう釧路空港、大阪国際空港。

 

第三巻第一話の松本空港のエピソードの表紙がすごくいいんですよ!! 
松本の山並みを背景に、アルウィン(松本空港緑地総合球技場、松本山雅の本拠地)の上をなめるように着陸しようとするFDA(フジドリームエアラインズ)の機体、それを眺めるヘルメットかぶった自転車乗りの中学生二人の後ろ姿(情報量多いな!)。ひと目で鷲づかまれた!!! 色つけて額装したいくらい素敵な表紙ですよ。
 
山に囲まれ空の面積が狭い空港だから着陸が難しく、だからこそパイロットの腕を堪能できるという信州まつもと空港! 信州スカイパークといわれるその所以! 松本で暮らす姉の家からもFDAの機体がたまに見えるけど、この空港についてわたしはなにひとつ知っちゃいなかった、ありがとう、「前略 雲の上より」! 

松本の人、第三巻第一話を読めばいいのに!

 

この写真は日本海側の空港に向かう時のもの。窓の外の風景を見て「あれ、この風景ってもしかして松本市上空?」と慌ててスマホで撮影。運良く空港全景が撮影できました。課長が桐谷くんを連れて行った滑走路端ってここなのかなーと思いを馳せながらこの写真を眺めています。

もう一度いう、松本市の人、全員この第三巻第一話を読めばいいのに!!
読んで信州まつもと空港があることを感謝するがいい!

 

前略 雲の上より(3) (イブニングコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください