読み合わせに便利! EXCELの数字読み上げ機能で、数字を一文字ずつ読み上げさせる方法

659,852 75,351 225 22 598,487 350 1,165,895 などランダムな桁数の数字が入った帳票の読み合わせチェックをEXCELに手伝ってもらうときのメモ。

EXCELに読み上げ機能を追加する

EXCELの読み上げ機能はもともと追加されているのですが、通常のメニューには表示されていないので、EXCELの緑色のリボンの上にショートカットキーを追加します。機能追加については以下を参照してください。
【Microsoft EXCELの数字読み上げ機能について】

「159」を「ひゃくごじゅうきゅう」ではなく、「いち ご きゅう」と読み上げさせる

デフォルトの読み上げの場合、「159」は「ひゃくごじゅうきゅう」と読み上げられてしまいます。長い桁数になると聞き取りが難しくなりますので、一文字ずつ区切りをつけるようにします。

1.セルの書式設定を開く
2.ユーザー定義の欄に 「# # # # # # # # 」と定義を追加する。
 これにより「数字/半角スペース/数字/半角スペース・・・」のように表示が変わる。
 「# 」は使用する桁数によって適宜調整
3.読み上げ開始。「いち ご きゅう」と読み上げてくれるはずです。

※ただし「0」一文字だけが入力されたセルは空欄になってしまうので(なぜ!)、注意が必要です。要検討。よい解決策がわかったら追記します。

読み上げ速度の調整

遅い場合は、こちらを参照の上、速度調整します。

列の下3桁だけ読み上げさせたい

A1セルの GOLDEN358 という文字列の 358 部分だけをB1セルに抜き出したい場合は、B1 セルに以下のように記述します。
=RIGHT(A1,LEN(A1)-6)

 

すばらしいーー! Apple Watch もMicrosoft EXCELもAdobe Photoshop も毎日使っているけれど、提供されている機能の5%くらいしか使えてないんだろうなぁ。

 

(無料電話サポート付)できるExcel 2019 Office 2019/Office 365両対応 (できるシリーズ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください