ちはやふる秋の京都にいってきた


京都御所で蹴鞠。

蹴鞠だん。

紫宸殿!

冷泉家と同志社大学、冷泉家を見学し、その後新島八重展を大学内で見て、学食でランチとお茶しました。きれいなキャンパスで学生さんが羨ましいぜよ。

清明神社を見つけ境内で水木しげるの安倍晴明漫画を購入。このあと浄福寺へ。

大徳寺で。

こちらも大徳寺で。

大徳寺の中の真珠庵へ、ここで襖絵の長谷川等伯を拝む。ハフー!

豊臣秀頼ゆかりの慈受院へ。秀頼がつかった漆の産湯桶、漆ってほんとすごいね。

奈良にとまって翌日は正倉院展。夾纈染の鹿の絵柄に心ときめく。
今年の目玉は漆金薄絵盤、たいそう華やかじゃったよ。
襖絵としてかかっている長谷川等伯の「商山四皓」と「蜆子猪頭」を拝めたのは素晴らしかったー。等伯ー!! ハフー!!! 真珠庵は一休禅師のものといわれる書「「諸悪莫作」「衆善奉行」もかかっていて、つまりは「わりいことせず、シンプルによく生きよ」ということだと思うのですが、これを見られたのもよかったです。今回は真珠庵が一番印象深かったです。ハフー! 等伯ー!!!
奈良国立博物館のロイヤルコペンハーゲン・ランチも楽しかわいかったけど。カレーとかかた焼きそばのランチなのにロイヤルコペンハーゲンの器使ってるのよー。ばかー、かわいいんだからー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください