川上弘美「物語が始まる」

物語が、始まる (中公文庫)

解説が短歌の穂村弘さんでした。物語の解説って読んでいて「なんでこの人、文筆家なのに普通の感想文しか書けないの? なんで豪快にネタばらししちゃうの」って人が多いけど、穂村弘さんの解説、すごくよかった。この本に収録されている短編の、読んでいる最中にムズムズしてくる不思議な感じをうまく表現されてた。あぁそうですよねぇ、初期の川上弘美のエロさといったら確かにたまらないものがありますわよねぇ、とクラクラしながら読み終えた。楽しい時間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください