野球と俳句と着物と旅と仕事と猫と酒

プロ野球2019 キモノの国のエクソダス

旅ゆけば

宿泊地そこにも格差夏の旅/JTB最強伝説

投稿日:2016年7月14日 更新日:

離島の夜は完璧な星空で、宿の男性が「今日は星空も楽しめますよ。満点じゃないですかね」とニコニコ顔で進めてくれました。しかし、標高1000m の長野の山の中腹にばあちゃん家があるわたくし、海の星空もいいけど空気がぴりっとした山の星空のがお好み。そして星空といえば「人間は、これほどまでにたくさんの星を肉眼で見ることができるのか」と感動したのアラスカ。デナリホットスプリングスのあの星空。1分の間ににひとつかそれ以上、流れ星がバンバン流れてくる。あんな星空は見たことがない。下手くそなりにデジタルカメラを夜空に向けてみれば、黒い布地の上にぶちまけた真砂のような星空が撮影できる。チベットの山の上もこんな風に見えるのでしょうかどうでしょうか。

・・・・そう、そのアラスカの旅は、JTBのパッケージツアーで行ったのです。成田からのチャーター機は各旅行団体のみなさんでぎゅぅぎゅぅ詰めでしたが、JTBで予約したみなさんは前方座席、翼より前、一桁番台からJTB予約席。え、まぁ、マジ? 新聞社の名前を冠した旅行会社のみなさんは後ろのほうに。え、あら、そういうものなんですか。
フェアバンクスからアラスカまで行く観光バスは50人乗りのトイレ完備のゆったりバス、1人で2座席専有しても問題のないゆるゆるさ。同時出発の他の団体さんのバスは人数ぴったりでぎゅうぎゅう詰め。氷河観賞のクルーズ船はJTBの専用船でガラッガラ、1テーブルを1組で専有してもなお余る。え、え、JTBってそうなの? 帰国してから他のツアーではどうだったのか調べてみたけど、たった数万円の差額でこの差なの? これがJTBのブランド力というものなの!?

先日、トマムに行ったとき、朝の雲海ゴンドラの列に並んでおりました。時刻は午前4時。普通だったら寝ている時間。その列におとなしく並んでおりましたら、なんと、並んでいる列の隣に「JTB優先レーン」というショートカットの列がある。見ていると、なにかのカードを出してそちらの列からするっと関西していくお客様がちらほらり。あ、あ、JTBって、こんな雲海ゴンドラの列にさえ優先搭乗券をもたらしてくれるの? こんなところにまでJTBの魔の手が!

そして沖縄。お茶しようと立ち寄ったホテルで、エントランスの奥に広々とした窓から海が見える居心地良さそうなカフェがある。ゆったりとした座席で、客もまばら、おじゃましようかしらんとドアを開けようとしたら、ドアには「エースJTB 専用ラウンジ」という看板がさりげなくひっかかっている。えっ、えっ、JTB様ってこんなホテルの中に専用ラウンジをもてるほどの影響力がっ! JTBでここ予約するといくらなのかしらんと、ペペペペペとスマホで調べるわたくし。わずか数千円の差額でこの待遇!? 

旅行業の扉 JTB100年のイノベーション (碩学舎ビジネス双書)

いつもは旦那さんが取ってくれるチケットで欧州に行っている知り合いのマダム、「新聞広告を見たらすごく安かったから」と某旅行代理店のツアーに参加。どんな楽しいおみやげ話が聞けるのかしらんと帰国後におたずねしたら、「せわしなくってびんぼくさかった」とポツリと。あぁ、おくさま、一言わたしに相談してくださればよかったのに! パッケージツアーはJTBにしておけば、忙しなさはさておき、びんぼくさいってのは回避できたかも。

とはいえ、JTBでも選択肢がない局面ではどうしようもないけれど。泊まったアンカレッジのホテルは、麻薬取引に失敗して右腕を負傷したライアン・ゴズリングがいまにも飛び込んできそうなところで、この中庭にあの三階の部屋からヒスパニック系のわるものが撃たれて落ちてくるんだろうなーって感じの。そのあとわたしはライアン・ゴズリングをのっけて、フォード・サンダーバードに乗って、メキシコを目指すのよ! ヒャッハー!

テルマ&ルイーズ オリジナル・サウンドトラック

名作。どこかで爆音上映会してくれないかしら。

というわけで、一生に一度しか行かないような土地だったらJTBでアテンドしてもらうと体がらくちんだよ、ってお話でした。

あ、でも! JTBって個人情報駄々漏れ企業でもあったね。旅行関係は流れるもんだねぇー、イモトのグローバルWi-Fiとか・・・わたしのパスポート情報も出ちゃってるんだよなー。イモトのグローバルWi-Fiで個人情報が流出した時、「次に使うとき1000円割引してあげるから許して☆ テヘペロ」ってメールがきたよ。なかなかによい度胸をしてらっしゃいます。
イモトさんは将来、兼高かおるさんレベルにまで進化されるのでしょうか、どうでしょうか・・・・

-旅ゆけば

Copyright© プロ野球2019 キモノの国のエクソダス , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.