野球と俳句と着物と旅と仕事と猫と酒

プロ野球2018 キモノの国のエクソダス

この映画を見よ!

アメリカも無人在来線爆弾/映画「ハドソン川の奇跡(原題「SULLY」)

投稿日:2016年10月10日 更新日:

Sully: My Search for What Really Matters

【一般券】『ハドソン川の奇跡』映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)

あらすじはeiga.comから。改行はウカやん。
名匠Clint Eastwood監督がトム・ハンクスを主演に迎え、2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機事故を、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化。

09年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空850メートルでコントロールを失う。機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーは必死に機体を制御し、ハドソン川に着水させることに成功。その後も浸水する機体から乗客の誘導を指揮し、全員が事故から生還する。サリー機長は一躍、国民的英雄として称賛されるが、その判断が正しかったのか、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる。

すごくいい映画だった。アメリカでも無人在来線爆弾ですよ! Clint Eastwoodはいくつ名作を作れば気が済むんですか、んもうぅ! この映画のためにエアバス機一台買ったということです。さすがクリント様! まだ公開中なのでひとまずヘレンドのうさぎグッズで紙幅を稼ぎますよ! このあと興奮のあまり映画の実況スレみたいなことになってるので、興味のある方はここで引き返してください、ぜひ。

HEREND(ヘレンド) C(ファンシー) (05330)伏せ兎と小花・ラビット (並行輸入品)

 

HEREND(ヘレンド) MF(ミルフルール・1,000の花) (015387)耳掻き兎(L) (並行輸入品)

 

ヘレンド  「ウィーンの薔薇」タマゴボックスうさぎ

 

 

「ハドソン川の奇跡」の不時着水は2009年の真冬に起きました。みなさまも記憶に残っておられることでしょう。エアバス機一台が余裕で着水できるほどハドソン川って広いのねー四万十川や天竜川でも長良川でも無理だね! 隅田川じゃ橋が多すぎるから、日本じゃこんな奇跡は起こせないyね! Clint Eastwood監督のことだから実際にハドソン川で撮影しただろうし(ハドソン川での救助シーンは機体だけがCGであとは本物使ったそうです)、エアバス一台受け止めることができるくらいハドソン川って広いんだねー! 
ハドソン川の奇跡についてはこちらのWikipediaにまとめられているのでみなさんもどうぞ。
USエアウェイズ1549便不時着水事故

 

体重4kgのカナダガンの群れが両方のエンジンに激突し両方のエンジンを失ったエアバス機がハドソン川への着水を試み、たまたま川の流れる向きと着水方向が一致していたため衝撃も少なく済む。また、水上バスや水上タクシー、消防局や沿岸警備隊の船などが多数行き交うエリアだったため、着水後すぐさま各方面の協力により救助が始まり、死者も大怪我の人を一名も出すことなく全員が助かる。

その1549便をモチーフにしたこの映画。事故がなければなんてことのない、いつもの国内線のフライトのひとつだった1549便。楽しかった家族旅行のお土産をもうひとつ買うか買わないかでモメてる車椅子の老母とそれを押す娘、乳児を抱えている若いママ、そのママの腕の中で隣の席までおもちゃを飛ばしちゃう赤ちゃん、その赤ちゃんに対して「僕はキャッチボールが得意なんだ、気にしないで」と応対する優しい中年男性、足を引きずりながら小走りに走る父親とドアロックぎりぎりに駆け込んできた若者・・・。そんな国内線のフライトによくある風景の、ひとりひとりの人生が垣間見えるシーン。わたしたちひとりひとりはそれぞれの人生の主役だけど、社会ひとつから見たらその構成員に一人にすぎない、だけどもう一度いう、自分が自分の人生の主役であるということには間違いないということ。空港というのはそういうのがよく見える場所でもあります。
そこからしばらくして飛行機のドアもロックされ、全乗客が揃った機内をCAが見渡す場面が入ります。通路を挟んで3列✕2が奥まで続く細長い機体。このシーンがすごく印象的で、この映画は主人公の機長の物語だけでなく、この飛行機に乗り合わせた乗員乗客総勢155人のそれぞれの人生の物語なんだと強く感じさせられました。すごく大事なシーン! 

機長と副機長がいつもどおりに離陸し、「上空は最高だね」などとのんきに話しているとカナダガンの群れが襲いかかります。乗客にもその衝撃が座席に伝わるくらいの凄さです。そこから着水までの200秒は劇場で見ていただきたいのですが、やっぱりちょっと実況させてもらう。コクピットの中では、機長と副機長が緊張しながらも焦らずマニュアルにあるすべての手段を試みる、バードアタックとすぐさま気がついたCAたちは乗客たちにシートベルトの着用を促しながら速やかに定位置に着く。揺れがひどくなってからは、3人のCAたちが「身構えて!衝撃に備えて!」と声を揃えて乗客たちに正しい体勢をとらせ続ける。泣き叫ぶ赤子、不安な表情を隠さない車椅子の老婆、離れて座った息子の座席を席に座りながらもなんとか首を一生懸命伸ばして確かめようとする足の悪い父親。そして衝撃。着水。CAたちは乗客が無事脱出できるよう行動を開始する。非常ドアをバコンと外しふわふわスライダーを出して乗客を外に誘導する。「外は寒いから」と備え付けのひざ掛けを脱出する乗客たちに手渡す機長。ハドソン川上空を滑り落ちてくるように飛んでいくエアバスを見ていた消防局の船は着水から数分後には機体に近づき救助を始める。救急車は港に待機し患者を待つ。乗客はそれぞれ病院に運ばれ応急手当を受ける。最後に残った機長は最後尾まで足を運んで乗客の有無を確認し、コクピットで書類を取り出してから救助ボートに乗り込む。

こんな風景、最近も映画館で見たことがある、はい、3回も見た記憶がある。困難に対しすべての人が置かれたその場所でベストを尽くし、最良の結果を得たというお話。そう、それはシン・ゴジラのクライマックス。

【映画パンフレット】 シン・ゴジラ SHIN GODZILLA 監督 庵野秀明 キャスト 長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ

アメリカ映画って、超人的なヒーローが苦悩したりなんたりしたりしてアレしてこれしたりしたあと、最後に地球を救いますやん。でもほんとは、普通の社会では、たったひとりで物事を解決できるヒーローなんていないですやん。そこにいるそれぞれの人たちがベストを尽くしますやん、そういうことをひしひしと感じさせてくれるよい映画でした。

あとですね、都市部を飛行機が飛んでいるというシーンは、ニューヨークの市民にとっては悪夢でしかないわけで、その辺の抑えた表現なども素晴らしかったです。

あ、あとですね、なにかっていうとキャプテン役やってるトム・ハンクスは脇に置いといて、副機長がアーロン・エッカートでしたの! よい中年俳優に育ってる! しゅてき! 「バットマン」の「ダークナイト」で顔の皮膚が半分無くなっちゃったトゥーフェイスをやってたアーロン・エッカート! 割りと色男役が続いてたけどよい副機長に育ってた! ナイス配役!

Movie Masterpiece BATMAN : THE DARK KNIGHT - TWO-FACE / Harvey Dent

国家運輸安全委員会に出てくる怖いおばさんを演じたアンナ・ガン、あれーこの人、どこかで見たことがあるわーと思ったら、ブレイキング・バッドのウォルター・ホワイトの嫁だった! アンナ・ガンの吹き替えは唐沢潤さんがやってたんだけど、その声が印象的すぎて、デスパレートな妻たちのリネットのビジュアルで記憶を上書きしていたらしい。失礼しました。

 

 

トム・ハンクスの奥さんを演じたのはローラ・リニー。あれーこの奥さんもどっかで見たことあるなーと思ったら、ガンと宣告された奥さんがポジティブに生きてく物語「キャシーのbig C いま私にできること」の人じゃった! この人、49歳で第一子産んでる・・・・えええーーーしゅごい・・・。

よい映画でしたよーでしたよー! これで86歳だっていうんですものーいうんですものー! いつまでも元気でいてほしいです。

グラン・トリノ (字幕版)

まぁこういう映画撮る人だからこそ、「トランプは最低だ、犬の糞だ」っていうロバート・デ・ニーロと殴り合いの喧嘩する映画とってもいいわよね、キッキッ! トランプさんってああ見えるけど、中身はClint Eastwood的成分がゼロじゃないと思うんだよね、よう知らんけど。

-この映画を見よ!

Copyright© プロ野球2018 キモノの国のエクソダス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.