無料で見せているのはすべて広告/ユーリオンアイス一挙上映第三週目(毎年シーズン前にやればいいのに、これ)

Yuri on Ice: Complete Series [Blu-ray] [Import]

 

先月末、豊永利行さんの舞台挨拶を目当てにうっかり足を運んだユーリオンアイス劇場版上映。前回は地上波放映でいうところの第5話から第8話までを映画館で上映。見終わったあと野生のなにかがモキモキしだして「次のも見よう」「絶対行こう」「2月の日曜に行こう!」と星乃屋珈琲で誓った。
そして2月1日深夜0時、第9話から最終話12話までの一挙上映の日曜予約分のゲートが開いた。ちょっとぼーっと仕事していたら、「席がバンバン埋まってるよ!」「新宿売り切れたよ!」というLINEが0時2分に届く。ひっ、マジ!? あわててTOHOシネマズの予約サイトに移動し「日比谷が空いてる!」「日比谷だ!」「○の13席でどう?」「空いてる!取る!」と0時5分に予約完了。なんてこった! 
日比谷のスクリーンは90席の小さなシアター。瞬殺もむべなるかなと思いつつ、その後の各館の埋まり具合を眺めていたけど、新宿は既に瞬殺、日比谷もまぁまぁ瞬殺、上野に若干余裕あり・・でも東宝シネマズが「若干余裕あり」というときは『風前の灯火』な席数であることを示唆していまして、ひいいい、2016年に終わったアニメにみなさん・・・ヒンッ! 他に夢中になれる楽しげなコンテンツをみつけていらっしゃる方も多数いるであろうに、ヒンッ!

 

で、行ってきました、日比谷のTOHOシネマズ。「たかが映画見させるためだけにこんな素晴らしい眺めの豪華な設備を作らなくても・・・」という素晴らしシネマズ。90席のシアターはちょっと大きいテレビのある個人宅という感じがないわけでもなかったですが、客席は満席。年齢層広く(でも高め)女性多め。ネットの各サイトで無料で見ようと思えば見られなくもないアニメを、貴重な日曜の午後に1500円払って、映画館に足を運んでまでして見にこようというひとたち。オープニングの三拍子が流れただけで涙を流したりして大変。今回はレースの縁取りの吸水性の高いリネンのこうきゅうハンカチーフを持参し、要所要所で涙を拭きながら一挙上映堪能。ふえええん。

改めて見返してみての感想。

・第9話 ロシア大会二日目のお話。私の中ではあまり重要でない回だったんだけど、アスリートがこれまでにどのようなサポートを受け成長を遂げ、その上でどんな気持ちで試合会場に臨んでくるのかがよくわかるよい回だった。カツ丼ピロシキ、親の熱心な教育、兄妹での取り組みなど、様々な形の愛情とサポートがある。
アスリートが試合終了後「まわりの方に感謝してます」などというと、狭量な私は「けっ、優等生的発言を!」などと思ったりしたこともないわけではないですが、これからはそんなふうに思わないよ、みんな素直に感謝してるんだなーということを男子フィギュアアニメ作品に教わった。

・ユーリ・プリセツキー 改めて見返すとまだまだお子ちゃま。頑張れ!!!

・オタベック・アルティン 昨年暴漢に襲われて亡くなったデニス・デンのことが思い返されて本当に切なかった。彼の名前を冠したアイススケートリンクを作るとか作らないとかといったニュースをちらりと耳にしたけど、建設費の足しになるならカンパしたい。彼が担っていたものがたくさんあったのに、あんな形で人生を断たれてしまい本当に悲しい。

・先日「手をつなぐことはだいたセックスだ」という暴論を目にしてしまって、暴論なんだけどだいたいまぁそういう局面もあるわよね、という思いで見るはめになってしまい、そういうシーンを目にするたびにあわわあわわとしてしまいました。

・木曜日から日曜日まで仕事中はずっとユーリオンアイスのサウンドトラックを聞き続け、この一挙上映のために照準を合わせてきたので、当日は大変によい音楽体験もできました。「あぁあの楽曲はこういうアレンジでここにこう配置。やるじゃないですか、ガハハハ」といった発見もちらほら。最近のアニメ番組は、一分の妥協もない音楽で攻めている作品が多いですね。ゾンビランドサガとかね。「無料で見せているのはすべて(グッズを買わせるための)広告」という金言がありますが、しぶちんのこのわたくしも以下の2つはささっと買いましたもの。

・上映が終わってふわわわーとした多幸感に包まれてシアターを出たら、ロビーに若い女子がたくさんたくさんたっくさん! 豪華すぎる装丁の厚手のパンフレットが飛ぶように売れていくのを横目で見ながら退出。カフェでお茶して解散。帰宅したらツイッターのトレンドになっていましたよ、その作品「A3」。ロビーにいた若い女の子たちは、この作品のライブビューイングを見にきたコたちだったのか。すげえ。

A3というのはイケメン役者育成ゲームというジャンルの作品で、宝塚みたいに春組夏組秋組冬組と編成されているそうです。やめたげて! そんな全部のキャラのグッズを買わないと気がすまないような編成にするのほんとやめたげて!!! お小遣いに限りがあるんだよ! やーめーたーげーてーー! 

いやはや、ほんと「無料で見せているのはすべて広告」「無料になっているときはあなたが商品」という言葉がちらちら頭をよぎる日曜日でございました。

 

A3! 1st Anniversary Book FLOWER

 

フリー[ペーパーバック版] 〈無料〉からお金を生みだす新戦略

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください