偉大なる名古屋話と夏至祭/村上春樹「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)

「村上さんのところ」を読んだことをきっかけに、読んでみました。

こ・・これは・・・この物語は・・・・もしかして・・・村上さんによる「ここは退屈迎えに来て」なのかしら・・? 「名古屋に一体なにがあるの?」というセリフは、なんだか黄色いマーカーでゴリゴリマークつけたい存在感を放っていましたよ。ふふ。

 

ここは退屈迎えに来て (幻冬舎文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください