大爆笑! 湖水地方の攻防戦/映画「ピーターラビット(原題 Peter Rabbit)」

【映画パンフレット】ピーターラビット

「マッドマックス怒りの湖水地方」「ミス・ポターが墓場から助走をつけて殴りかかってくるレベルの、原作を冒涜した映画」などといろいろ言われておりますこの映画。

確かにイギリスの田園地帯を舞台にした物語にしては火薬量も多く、闘争シーンも多数織り込まれていますが(アレルギーのシーンはやりすぎだったよね)、ちょっと不器用なイギリス紳士と少し変わったイギリス淑女が主人公の、大変愛らしいチャーミングな物語。ミス・ポターが見たら「まぁ2020年にもなればこういうのもありよね!」と心から歓迎してくれる映画ではないかと感じました。ほんっとに、愛らしい! そして、チャーミング! 原作へのリスペクトと愛が感じられる90分のよい映画だと思います、ちょっと湖水地方には似つかわしく火薬の量だったけど。

 

この不器用なイギリス人紳士であるところの主人公を、デカプリオが大変な目に遭う映画「レヴェナント」で比較的まともな人格者の隊長役を演じたアンドリュー・ヘンリーじゃなく、なにやってもアカデミー賞助演男優賞にノミネートされちゃうマイケル・シャノンが演じたら、湖水地方のうさぎちゃんたちは全滅したと思うけどね。キッキッ! 笑いを噛み殺すのに大変なシーンがいくつかありましたよ。あの「お約束のシーン」、最の高! みなさまもぜひ。

 

レヴェナント:蘇えりし者  (字幕版)

2 Comments

はつき

マグレガーさん、なんとスターウォーズのハックス将軍!?
うーん、それはあまり戦上手ではないですねえ(笑)

返信する
ukasuga

ほほぅ、スターウォーズにも出てらっしゃるの。キリアン・マーフィーみたいな美しいフェイスラインで、気難しくって間抜けな役を、ノリノリで演じておりましたよ。素晴らしい。
ギンレイホールではやらなさそうなので見てきました。ピカデリーなら、会員になると度の回も1100円で見られるとか見られないとか。ふふふ。お時間ありましたらぜひ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください