欧州三カ国ラウンジめぐりの旅/オーストリア連邦鉄道ザルツブルク駅のラウンジが素敵でしたのーの巻

JALっこの私が、ブリティッシュエアウェイズで旅に出る、ということは、ワンワールドで行く旅ということで、これは楽ちん、移動が楽ちん、飛行機待機が楽ちんと俄然気楽になりまして、遠回りの旅も苦になりませんでした。

 

羽田国際空港 JLラウンジ

普通、きれい、使いやすい、人多い、お酒ある、普通ラウンジなのでアワアワしたものはないです。

 

羽田国際空港 CXラウンジ

すてき、ほんとうに素敵、空いてる、お料理しゅてき、ブッフェじゃない、お願いするとその場で作ってくれるの、運営はホテルオークラ、バーがあって女性がお酒作ってくださるの、お料理取るのも男性がとりわけてくれるの、椅子が広くて窓が高くてあぁもう住みたい、ここに住みたい、アワアワしたものも出てきます、あぁすてき、住まわせてー。

 

ヒースロー空港 ターミナル5 BAラウンジ

ヒースロー空港のターミナル5はブリティッシュエアウェイズ専用ターミナルで、国際線乗り継ぎもラクラクの素晴らしいターミナル。ラウンジは利用者多く広大で、シャワーもあるよ。ワインの種類が豊富。一番おいしかったのは、kettle salted というポテトチップス。女王陛下の国の3200m芝直線みたいな滑走路を見ながら白ワイン地獄。酔っぱらいの永久機関がそこにあったんじゃよ、恐ろしい、あぁ恐ろしい、饅頭こわい的な意味で恐ろしい!

 

オーストリア連邦鉄道ザルツブルク駅 一等客車ラウンジ

ほらー私って乗り鉄じゃないですかー。もともとミュンヘン中央駅から特急でアルプスの麓まで移動し登山鉄道で三千メートルの山に乗ろうと思ったんですが、前日の一日ツアーが同じ方角でつまらなく思い(例えば、新宿から2時間かけて安曇野に行ったのに、その翌日に新宿から白馬に行くような感じ)、それでは隣国オーストリアに行っちゃえばよいじゃないーとミュンヘン中央駅でアワアワと切符を買って出発。

行きのチケットを買うとき、チケットを買う端末の液晶画面に黄色のアラートが出ていて『これなんじゃろうかー』と思いながらも購入画面に進めてしまったので購入。出発まで時間があったので、ホームで現地在住とおぼしき日本人女性に声かけて(だってこんな ↓ 駅構内で、坂角えびせんべいの紙袋提げてる東洋人の女性がいたら、まぁおそらく日本人ですよねぇ)、ドイツ語で書かれたチケットを見せながら話かけてみる。
「ああ、これは日本でいうと、全席がほぼ埋まっているのに、二等車のチケットを買ってしまった状態ですね。空いてる席を探して座るしかないですが、席はないんじゃないかしら」とのこと。ガガーリン! あのアラートはそういうことだったのかー。

で、やってきた特急電車、一車両覗いたら確かに一席も空席がないので慌てて食堂車に移動して、食堂車の椅子を確保。一回オーダーしたら最後まで座っていても文句言われないようで、回りもそんな客だらけでテーブルは相席に。ラブラブのイギリス人アラサーカップルのイチャイチャを眼の前でずっと見せつけられるという拷問を楽しみなら、以下のような愉快な展開に。

目にうつるのはこんな風景。童話か! リンドグレーンのリンゴの木の妖精の話は本当だったんだろうなーとしみじみと。

親指こぞうニルス・カールソン (リンドグレーン作品集 (16))

 

そして着いたオーストリアのザルツブルク駅で、早速帰りの一等車のチケットを購入。一等車のチケットを持ってると鉄道会社のラウンジに入れるということで帰りはそこで冷たいものを飲んで帰ろうと心に決めて、駆け足で現地観光。28度の暑さにクラクラしながら、駅に戻ってカフェでアワアワしたものを飲んだあと、いざラウンジへ。ワイングラスは用意されていたけど、昼間だからかソフトドリンクのみ。ちょっとした軽食もあって、ちょっと落ち着けました。

帰りは七割埋まってるか埋まってないかの一等車で。つっても最高時速140kmだし、特急新型あずさのグリーン車ほどゴージャスではないですが、車の座席のようなゆったりとした座り心地で快適でした。二等車の指定席ナシが37ユーロ、一等車指定で55ユーロってところでした。改札はないですが、車両内で検札があるというのも新鮮。どこで顧客を信用するか、という視点の違いでもありますわね。

国境もなにもなく、パスポートを見せるタイミングもなく、さっきの滞在地で使ってた通貨が降りてすぐ使えるとか、ユーロというものは、シェンゲン協定というものは便利なものですなぁ! 鉄道の旅楽しかったー、みなさまもぜひー。

 

テレビでやってると必ず見入ってしまう関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅。こんなに何度も欧州の鉄道旅番組に出演している関口知宏が、全然英語が上達していかない感じとかが最高なんですのよ!

 

関口知宏が行くヨーロッパ鉄道の旅 スイス アルプス輝く緑と湖の国 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください