花水木君の暮らしを肯定す/勢古浩爾「自分がおじいさんになるということ」

自分がおじいさんになるということ

老いの心構えをするために手にとってみた。軽妙なエッセイというものを久しぶりに読んで、なんだかさわやかな気分に。

作品紹介はAmazonから。
74歳、いよいよ老後も佳境に突入。押しも押されもせぬ老人になった著者が、お金も健康も心もとないながらも、思いのほか愉しい「老いのリアルな日々」をつぶさに綴る。
累計15万部突破、人気の『定年後のリアル』シリーズ、待望の最新刊!

要約するとこんな感じ。
現在全世界の人口は七十八億人いるとされるが、そのうち生誕から死まで無事な人生を送ることができる人間は、どれくらいいるだろうか。

自転車に乗る、自転車による身体の拡張を楽しむ、公園を歩く、ベンチに座って本をよむ、喫茶店に行く、コーヒーを飲んでたまにぼーっと外を眺める、木々の緑が、植物の葉のきらめきが、それが目に入るだけで嬉しい楽しい生きていることが嬉しい。
いまのひとの言葉でいう「マウンティング」をしない、のさばらない。バーベキューはやらない。芸人は、わたしの好き嫌いだけでいえば、サンドウィッチマンとナイツと銀シャリだけで十分である。死ぬまで読書をする。お金はそこそこ必要だが、ほんとうに健康が大事マジ大事。

作者の方は75歳なんだそうですが、私もこのひとの毎日とあまり変わりがない。自分の暮らしが肯定されたような気がして少しほっとした。でもまぁ老後までまだ時間があるので、もうちょっとガッツ出してもいいかもね。

 

figma ベルセルク ガッツ 狂戦士の甲冑ver. リペイント髑髏エディション ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください