自営業てふひとのあり秋果盛る/オーレ・トシュテンセン「あるノルウェーの大工の日記」/一筆書きで行くノルウェー乗り鉄の旅 その1

 

あるノルウェーの大工の日記

手になじむソフトカバーのご本。先日ノルウェーに行ってきたんだけど、現地滞在の予習として読んでみた。

作者は1965年生まれの現役の大工さん、地方からオスロに上京?してきて、オスロで大工として生計を立てている。様々な技術を持った人たちをとりまとめて手配をし、自分がリーダーとなりプロジェクトをまとめることもあれば、別のリーダーの下で時間働きすることもある。この物語は、そんなトシュンセンさんが、オスロの都市部で暮らすスノッブで少し裕福な四人家族が暮らす家の屋根裏部屋を半年かけて大改修する日々を綴った日記。

オスロ市内の地図を脇において読むと、北欧の国の首都の暮らしが生き生きと見えてくる。仕事はきっちり九時五時、週末は仕事のことを考えつつもしっかりと休む。「『私の見積もり』ってサイトで相見積とって下から二番目のところに発注したらとんでもない仕事振りだった」とぼやく知人には、「本来だったらこれだけコストがかかるところをケチりすぎなんだよ」と諄々と諭し、「ここはIKEAの家具で済ませたいの」という施主には「それは妥当な選択ですが無垢材を使ったこんな家具にしてみては? 少し高くなりますがいいものですよ」と施主一家が長い時間愛用できるような提案をする。

どこの国の自営業も、格安一括見積もりサイトに頭を悩まされ、安く済ませたい施主に本当によいものを使ってもらいたいから言葉を慎重に選んで説得し、書類仕事にうんざりしながらも正しく納税する。関わった人がみなハッピーになるよう、然るべきギャラを配分し、施主には満足のいく質の高い仕事を納める、素晴らしい、自営業の鏡です。

上の『私の見積もり』事件では、「(ノルウェーでは従業員が長期休暇を取る前に、その間の給与を通常の給与に上乗せして支払う)」という脚注があり、なんというか、国としての格の違いをまざまざと見せつけられた気分ですよ。

 

ノルウェーの人々の平均年収一千万円、半分税金に持っていかれるそうですが、海に面した首都オスロは湿気がそこそこありしっとりしていて埃っぽくなくてきれい、朝は清掃車がゴリゴリと石畳の上を走り、日中も制服を着た清掃の人をどこかしこかで見る。車内販売でカールスバーグ500mlが1300円、コンビニでミネラルウォーターは500mlで420円、レストランで飲むワインは一番安いのが1400円、でも日本みたいに安いのには理由があるといった味ではなく、美味しいものしか出てこない。お酒が高いのは税金かそれ以外にも理由があるのか、喫煙には寛容だが飲酒には厳しい印象。物価は若干高めだけど、「高い!お値段に見合わない!一刻も早く日本に帰りたい!」と思うほどの高さじゃない。

上の本にもあったけど、ポーランドなどからの出稼ぎ労働者が多いのは予想していたけど、ベトナム人も結構いるし、海を挟んだデンマークからくる人もいるそうな。でもデンマークのほうが、ノルウェー・クローネより若干強い。それでも出稼ぎにくるというのは、ノルウェーのほうが働く環境がいいのか?

日常的に運動している人が多く、夏の終りという季節だったのにノルディックスポーツの練習も盛んだった。観光案内所のガイドの女性たちは、アジア人と見るやゆっくりと英語を話すようにしてくれてとても親切。その他、ホテル、レストランの人々もどこも親切で優しかった。ひどい口内炎になってしまい、薬局で買い求めた際も、ノルウェー語で書かれた用法を英語で説明してくれた、まちなかのドラッグストアでも空港の店舗でも! この優しさ・親切さは、日曜は飲食店以外はほぼ休業でみな適度に休めて、平均年収が高いから心の余裕があるからなのかしら。

出発前は「ノルウェーなんて二度と行くことはなかろう」と盛りだくさんの旅程にし、ノルウェー国内を鉄道・船・フェリー・飛行機・バスで移動し乗り物の五冠達成、あわせてノルウェジアンフォレストキャットのウカちゃまの猫種が生まれた土地の聖地巡礼、ヴァイキング漫画『ヴィンランド・サガ』の聖地巡礼、スパイ大作戦『ミッション・インポッシブル フォールアウト』の聖地巡礼の三冠達成。景色は素晴らしく要所要所でお天気にも恵まれ、大変充実した旅となりました。旅の仕上げに読んだこの本は読後感爽やかで、「あーノルウェー、またすぐにでも行きたいー!」と思っている最中です。旅の話はまた改めて。

ヴィンランド・サガ コミック 1-21巻セット

ミッション:インポッシブル フォールアウト (吹替版)

ノルウェージャン・フォレスト・キャット (キャットライブラリー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください